【ARA029】ARABIA(アラビア): Arctica Pudas(アークティカ・プダス)カップ&ソーサー2客セット
57a2311500d33191ed0029c8 57a2311500d33191ed0029c8 57a2311500d33191ed0029c8 57a2311500d33191ed0029c8 57a2311500d33191ed0029c8 57a2311500d33191ed0029c8 57a2311500d33191ed0029c8 57a2311500d33191ed0029c8 57a2311500d33191ed0029c8 57a2311500d33191ed0029c8 57a2311500d33191ed0029c8

【ARA029】ARABIA(アラビア): Arctica Pudas(アークティカ・プダス)カップ&ソーサー2客セット

¥6,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

フィンランド ARABIA社のArctica Pudasシリーズ、カップ&ソーサー2客セットです。 淡いブルーと濃いブルーでペイントされた、波のような形のデザインがとても涼しげです。ソーサーも同じブルーのコンビネーションで、さわやかな印象です。 Arcticaシリーズは現在でも無地のものが生産されていますが、模様が入ったシリーズはヴィンテージのみとなります。新しいものと組み合わせて使うのも素敵ですね。ティーカップとして作られたものですが、カプチーノなどを淹れてもとても似合いそうなかたちです。 デザイナーはインケリ・レイヴォ。アラビア社で1969年からデザインを始め、現在も販売されているこのArcticaシリーズが最もよく知られています。 【コンディション】ヴィンテージ品です。 <カップ&ソーサー A>(写真4枚目から7枚目) カップ側面には目立つような小キズも見られず、底面もとても綺麗に保たれています。内部は底面にカトラリー跡が見られますが、大きく目立つほどではありません。カップに関しては、ヴィンテージとしては良好なコンディションです。 ソーサーについては、全体的に小キズが多く見られます。中央部分(カップを置くと見えない部分)、淡いブルーの部分には一部、光沢が少なくなってしまっている部分も見られます(写真7枚目。キズがわかりやすいよう光を当てて撮影しています)。ソーサーの中央の淡いブルー部分は一段深くなっているため、カップを置くと影となり、それほど目立つということもありませんが、この点を考慮した価格とさせていただいておりますので、ご了承ください。 底面は目立つキズはなく、大変綺麗に保たれています。ヒビや欠け、貫入はなく、ヴィンテージとしてはまずまずのコンディションです。 <カップ&ソーサー B>(写真8枚目から11枚目) カップ側面には目立つような小キズは見られませんが、生産時にできたと見られるごく小さな凸部分がペイント部分に見られます(写真9枚目)。底面はとても綺麗に保たれています。内部は底面にカトラリー跡が見られますが、大きく目立つほどではありません。カップに関しては、ヴィンテージとしては良好なコンディションです。 ソーサーについては、全体的に小キズが多く見られます。中央部分(カップを置くと見えない部分)、淡いブルーの部分には一部、光沢が少なくなってしまっている部分も見られます(写真11枚目。キズがわかりやすいよう光を当てて撮影しています)。ソーサーの中央の淡いブルー部分は一段深くなっているため、カップを置くと影となり、それほど目立つということもありませんが、この点を考慮した価格とさせていただいておりますので、ご了承ください。 底面は目立つキズはなく、大変綺麗に保たれています。ヒビや欠け、貫入はなく、ヴィンテージとしてはまずまずのコンディションです。 メーカー:ARABIA(アラビア) シリーズ:Arctica Pudas(アークティカ・プダス) デザイナー:Inkeri Leivo(インケリ・レイヴォ) 製造年代:1981年から1987年 製造国:フィンランド サイズ:<カップ>φ: 約9.2cm(持ち手を含む最長約11.2cm)H: 約6.5cm *上から1.5cmほど残して約200ml入ります。 <ソーサー>φ: 約16.2cm H: 約2.2cm 重量:カップ&ソーサー A : 346g / カップ&ソーサー B : 347g *気になる点がございましたら、ご注文前にお気軽にお問い合わせください。別の角度からのお写真をお送りすることも可能です。 【ARABIA / アラビア】 1873年、フィンランドのヘルシンキ北部の郊外アラビアにて、スウェーデンのロールストランド社により創業。北欧諸国で最大の陶磁器工場として発展し、第二次大戦後はフィンランドデザインの巨匠、カイ・フランクがアートディレクターを務める下で、実用的で良質なデザインのプロダクトが多く生み出されました。